.

.

.

2013年にスタートした、アルガンザのヒーラー養成・プロのヒーラーさんのための自己発展スクール。

初級はなく、臼井レイキのセカンド修了者を対称とし、中級編・上級編それぞれ6回で二週間おき。

全12回の修了者はアースキーパー(アルガンザを運営するAmari のオフィス)認定卒業生としてご紹介します。

認定者リストのページはこちら

ヒーラーズカレッジ の特徴

1「中級」からスタート

入門編・初級編の内容はありません。受講条件を「ウスイレイキ・セカンド」にしているのは、エナジーワークの基礎であるレイキの仕組みを大方理解し、自分自身でセルフあるいは他者へのヒーリングを日常生活の中で実践していること、つまり、「エネルギーが作用することでヒーリングが起こる」ことを知っていて、なおかつシンボルや遠隔ヒーリングが作用することを体験し、それが起こるという事実を受け入れていること===を、条件としています。つまり、ここまで(レイキセカンドまで)の理解と実践により、入門・初級はカバーしていることになります。

・・とはいえ、レイキの伝授を受けたけれどよく分からない、それでも何となく実践はしています・・というような方も、もちろん大丈夫です。エネルギーの実感や、それを言葉やヴィジョンや解釈でどう繋げていくかなど、学んでいくのはカレッジの内容になりますので、どうぞご心配なく。一応条件としては、ウスイレイキのセカンド修了です。アルガンザでもレイキセミナーをご用意していますので、レイキ伝授を今からという方でも、開講までに受講して頂ければ間に合います。 (ご相談下さい)

お申し込み時、修了書の開示(他校で伝授を受けた方)は必要ありませんが、カレッジ中級からワークタイムの中で、ウスイのシンボルも日常的に使っていきますので、開講までにシンボルは見なくても書けるようにしておいて下さい。また、上級コースではサードシンボルも使いたいと思いますので、それまでにサード受講をお願いしたいと思います(他のスクールでも可)。

卒業生の皆さんはそれぞれ、色々なヒーリングを趣味で実践されたり、習っていらっしゃる方も。様々でした。エネルギーの法則はすべて同じ。宇宙と人間をとりまく法則も。同じものが流れていますので、色々なメソッドの(ボディワークや音や香り、石など)ヒーリングテクニックと並行して、学んで頂くのも良いと思います。もちろんエナジーワークにフォーカスでも良いと思います。

2「神智学」による深い学び

今現在わたしたちがこうして触れて親しんでいるエネルギーヒーリングや、ニューエイジの知識、チャネリングや多次元地球、あらゆる波動にまつわる知識などの「ルーツ」として、19世紀末〜20世紀初頭に興った「神智学」をメイン学んでいます。ルーツといっても、当然それぞれのヒーリングツールや神秘思想や見えない世界の叡智は、古代より様々に伝えられて来ましたが、それを西洋と東洋の枠を越えて一本化し、なおかつ私たちの地球、人類の歴史を見守り導いている見えない世界と、それを学ぶ人々の間に「橋を掛けた」のが、神智学でした。

カレッジ一期では、学びの時間の3〜4割ほどを、神智学の主要な伝達者の一人であるアリス・ベイリーの著書をご紹介し、現代の私たちが学ぼうとしているエネルギーの世界、人間と宇宙、さまざまなヒーリングのシステムの背景にあるものに、触れることを試みました。

アリス・ベイリーはとても難しいので、バランス良く取り入れ、一般的な資料やヴィジュアルイメージなども使いながら、難解にならないコンテンツをご用意しています。今後も神智学は取り入れていきますが、集まった方々との、おそらく毎期違う集合エネルギーの空気、個性を感じ取り乍ら、内容を調整しご提供していきます。

3 2〜3時間の座学とおしゃべり、一時間のワーク。

毎回、最後の一時間は二階ロフトの瞑想スペースにて、ワークタイムです。基礎的なオリジナルの呼吸法から、少しずつ実践の範囲を拡げて、体感やイメージング、それを言葉で伝え合うこと、お互いのエナジーを感じて表現し合うこと、自分自身の調子を、エネルギーレベルで感じて改善する方法や調整する手だてを察して自己メンテナンスを実践していけるように・・と、レベルを上げていきます。瞑想体験が殆どない方でも大丈夫です。上級コースが終わる頃には、自分や他者のエナジーを感じて、自分の言葉や感覚で、それをヒーリングに繋げて行く事が出来るようになります。

集まってから2〜3時間は、サロンスペースでの学びになります。が、決して硬い場ではなく、「最近どう?」という、おしゃべりからスタート。集まるメンバーにより変わっていきますが、クラスメート同士で、互いの成長と変容を見つめ合い、また同じテーマを持っている部分を見つけてそのユニットごとに変容していくような事もあります。

日本人は苦手かもしれませんが、自分のことを伝える、語る、表現する・・というシェアリングのおしゃべりを繰り返していくことで、自己発見や、人を癒すこと、変容を促すこと、また自分が変化していくことの背後にあるエネルギーの流れや仕組みを、理屈を越えて理解し、身につけて行く事に繋がります。

4 日々の生活と自分の時間の中で

みなさんお忙しいですが、幾ら知識やメソッドを学んでも、日常の中でそれを活かせなければ意味がありません。ここで学んだセルフメンテナンスの知識やワークタイムでの「実感」「体験」を、各自が日常の中に自然な形で流し込むことで、本当の意味での学びになり、成長・変容に繋がります。毎回宿題が出ますが、それも含めての学びと変容の機会として、半年間のプロセスを楽しんで下さい。

カレッジの毎回の間隔である2週間はいつもあっという間で、それでいて仲間と「どうだった?」と語り合うことで、日常生活の現実と、学びが、繋がって行ったり、発見があったりします。自分に活かす場合も、他者へ行うヒーリングも、「流れ」を感じて起きていることを読み取り、繋げていく思考回路や感性が大切になります。カレッジではそれを育むため、シェアリングのおしゃべりの時間を沢山とっています。皆さんのご参加をお待ちしています。(2017年度、5期で終了となります)

,

ヒーラーズ・カレッジ 第5期(2017年) 募集要項

→定員に達しましたので、受付を終了します(2017 3/13)

→カレッジは5期で終了となります。2018年からは「エコールdeアルガンザ」の各種講座、その中心となる(カレッジに代わる)ものとして、「エナジーワーク・インテンシブマスターコース」がスタートします。カレッジと同じように3〜4名のクラス構成で進みます。詳細はエコールのページで。

2017年5月中旬〜2017年11月中旬(中級6回・上級6回:計12回)

お代金: 12万円(全12回分一括払い)

*2週間に一度のサイクル。平日クラス1、週末クラス2つ。毎回のクラスは4時間。

(1クラス3名で、計9名になります)

木曜クラス(13時〜17時):3名

土曜クラス(13時〜17時):3名

日曜クラス(13時〜17時):3名

 

受講条件:ウスイレイキ・セカンドディグリー伝授修了者(他のスクールでも可) ・アドバンス(上級)が始まるまでにはサード(マスターディグリー)受講を済ませて下さい。

1期:2013年度実績:卒業生(修了者)9名 

2期:2014年度実績:卒業生(修了者)9名 

3期:2015年度実績:卒業生(修了者)9名

4期:2016年度実績:卒業生(修了者)9名

ヒーラーさんとしてご活躍の方もスキルアップのため通って下さっています。またカレッジ受講中、卒業後に活動の準備に入っている方も。一方で日々の生活に生かしたいという方も。背景は様々でも、みな一つの大きな流れに一緒に乗りながら進んでいける心強さ、楽しさを毎期、感じて頂いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*主なコンテンツ(毎期全く同じではなく、適宜、マイナーチェンジや内容の洗練を計っています)

● Desk Study (学びの時間)●

【 Intermediate (中級)】テーマ『ヒーラーのためのセルフメンテナンス』

イントロダクション/オーラについて「ライトボディの構造と性質」/チャクラについて「オーラとチャクラの関連性/肉体をふくめたオーラチャクラトータルケア1〜4(神智学を中心に)

【 Advance (上級)】テーマ『意識の枠を拡げよう。多次元存在としての私たち。」

肉体を含めたオーラチャクラトータルケア5〜6/5大元素の誕生と人間との繋がり/七つの光線/マスター・ガイドからのサポート・自己成長への生かし方/空間・他者・境界線/より高い層からのエナジーヒーリング/豊かさとハート/リーディング

● Worktime (ワークタイム)●

瞑想スペースに移動し、毎回1時間のワーク。こちらも基礎から徐々にレベルを上げて行きます。エナジーの体感やリーディングに磨きをかけて行きます。

● And, Sharetime (シェアタイム)

お茶をのみがら、前回カレッジからの2週間のサイクルの中で感じたことや、宿題の実践についてなど、互いにシェアします。

 

メールにてお申し込みください。お名前・簡単なご住所、クラスのご希望をお書き添え下さい。

(希望者には卒業後、マスタークラスをご用意しています)

 


1期・2期 卒業生の感想コメントはそれぞれ別ページ移動しました。

1期(2013年度 2013 October - 2014 March)

2期(2014年度 2014 October - 2015 March

.

2016年1月に行なわれた3期生の卒業式フォト↓ 関連blog記事はこちら 

3期(2015年度)卒業生の感想コメント

わたしがArganzaを知ったのはレムリアのセッションを調べている今年始め頃で
お友達からAmariさんを教えて頂いて、あれよあれよという間にレムリアン・トランスミッションの日程が決まり、そしてAmariさんから学びたいと思い、ヒーラーズカレッジにも滑り込む形で入らせて頂きました。

京都の自宅からArganzaまでは片道4時間弱かかりますが、その時間とか旅費とかも考えず
内容についていけるか、半年も体力がもつか、ということも全く頭にない状態で
とにかくやりたい!勉強したい! と申込みました。
いつもはもっと慎重なのですがね(笑)

一回目のときに、なぜカレッジに申し込んだかを聴かれ 「自身の成長のため」と
お答えしたと思いますが、この半年間で知識の面でもメタフィジ筋の面でも
自分が想像した以上に、成長出来たように思います。

毎回の座学・ワーク、そして宿題や課題も 結構いっぱいいっぱいでしたが
大好きなAmariさんとクラスメイトたちがいたから、影響しあい 高め合い 最後まで来れたと思います。
そしてなにより楽しかった!

本当に毎回楽しくて、わくわくドキドキしながら学びました。
なので 今は淋しさが大きいです。
また土曜になったら新幹線に乗ってしまいそう(笑)
これから、更に成長できるよう学んだことを腑に落とし、循環させていきたいと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全12回、6ヵ月。初めは長いように思っていたカレッジ通いも、あっという間に過ぎてしまいました。
通えること自体がありがたい半年間でした。
Amariさん、ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

「アルガンザのヒーラーズカレッジ」…T期の頃から気にはなっておりました。各期の様子をブログで拝見しておりました。ですがずっと「それほどまでに、追求することってあるのだろうか?」と、ちょっと他人事感がありました。ヒーリングに関わる方々の中でも、特にマニアックな人々?(失礼)という先入観を抱いておりました。そんな感じを持ちつつ、なぜ申込み?なのですが、当初の理由は「石巫女に参加する要件だったから」でした。

あ〜それなのに、今度はなぜ石巫女参加に至らなかったかというと、カレッジの内容があまりに大きな物で、自分の中に落とし込んでいくのには、まだ途上のように思っているからです。卒業課題もこれからですし。

実際にカレッジが始まって浮上してきた目標は、「アウトプット」。
ヒーリング・セラピー・ライトワーク…の看板を挙げながら、その道にまい進できていないジレンマがずっとあったので、カレッジで学ぶことがアウトプットへのきっかけになったらなぁという思いが強くなってきました。

そんなこんなで始まったヒーラーズカレッジ。
8月に中級課題という大きな山場。
今思えば中級課題をやることは「アウトプットの序章」、「練習」に繋がっていました。

自分がやりたかったことの一つ、「意図・設定の細部にもにこだわった遠隔ヒーリング」(副テーマ)を課題の実践を通して実現することができました。他の皆様の中級課題を拝見しましたら、ショック死しそうになりましたが、自分の体験としては必要なことでしたし、そこで本題(本テーマ)として確認できた内容は、エネルギーワークへの信頼、それを行う自分への信頼となりました。

以前抱いていたカレッジに対する先入観「特別に追求していきたい人々の集まり」という感覚はなくなり、「ヒーラーとして必要な根本を学び、実践に繋げていく場、ヒーラーとしての知識を深めていく場、資質を高めていく場」今はそのように感じております。

毎回のワークは、Amariさんとメンバー、そして石たちが行うヒーリングセッションを受けさせていただいているような感じでした。遠距離通学、寝不足で通っていた私でしたが、毎回帰りの方が驚くほど元気。半年間、元気で楽しく通わせていただきました。ありがとうございました。

これから卒業課題です。皆様のレベルには到底及ばず、再びのショック死は覚悟の上ですが、自分なりに大きな副テーマ、カルマの解放も見え隠れしているのでそれをクリアにするためにも頑張らねばと気持ちだけは鞭打っている次第です。清々しい卒業式が迎えられますように!パンパン

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供が小学校に上がり、時を同じくして春から私もカレッジに通い始め、家庭、仕事、カレッジと目まぐるしいスケジュールの中、最後まで受講できるのかと不安もありましたが、申し込み時の何故か参加したいという、揺るぎない確信を信じて、またAmariさん、カレッジのメンバーの存在や、日常を助けてくれた家族や友人たち、そして何よりも天の計らいに、毎回支えられ、無事終了できたことに感謝します。

カレッジでの学びの楽しさは、グループでの体験でした。グループでのシェアリングや、毎回の学びの内容が、回を進めるごとに、私の問題であったり、日常とのリンクやシンクロがおこり、グループ皆さんの発言が、それぞれの違う側面での私を見ているようで、ワクワクしましたし、個人の中で浮かび上がる問題の解放が、今の地球やライトワーカーたちの解放に繋がっているなど、個人→グループ→全体というのが、実は潜在的に繋がっているものだという体験が、とても印象深いものでした。

毎回の瞑想タイムも、各チャクラを意識しての瞑想法によって、視覚的には見えない体や器官を意識する事(初めは、ライトボディの筋トレなのだと感じるハードな時間でしたが...)を行うことによって、見えないものを、感じる、見る、わかる、と言う事が着実に伸びていくのだと実感しましたし、二階の瞑想ルームで、石たちに囲まれてのグループ瞑想は、毎回、自宅で個人で行うものとは違い、その時々の、とてもダイナミックなエネルギーの流れを感じ、素晴らしいものでした。

そしてAmariさんから、ヒーラーとして、エネルギーワーカーとしての、実践を積み重ねられたからこその、心得やアドバイス、自立した精神の大切さの学びは、これから、この道へ進もうとする私にとって大事な学びとなりました。見守っていた高次の存在たち、Amariさん、カレッジのメンバーの皆さん、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒーラーズカレッジは第一期の頃からずっと、憧れの眼差しで見ていました。当時は月に2回新幹線で通う時間など無く、一期二期とその様子をAmariさんのブログ等で拝見しながら、いつか…!と思い続けていました。それが今年の初め頃、久しぶりに受けたエネルギーワークがきっかけで(それもカレッジ卒業生、恵人さんのZaraianのワークでした)、トントンと申し込むことになりました。

やがて受講の条件でもあるレイキを学ぶために、カレッジに先駆けてアルガンザに通うようになるのですが、レイキのセカンドを受けてようやくカレッジ受講の準備が整った直後、家族の大病が発覚します。生活がまるで変わってしまい、身に付けたばかりのレイキがあったからこそ何とか過ごせたような気がしますが、今でもどうやってカレッジ(特に前半は)に通っていたのか(通えたのか)わからない位です。

大変な出来事ではありましたが、私の場合はそんな事を現実化させてしまうくらい、大きな解放のきっかけとなったレイキ&カレッジの申し込みだったんだと思います。その後も毎回、次は来れるかどうかわからないという状況で、カレッジに通う時間だけが憩いの場でした。また、それがあったからこそ怒涛の日々を乗り越えられた気がします。そして気がつくと、一度も休むこと無くカレッジ最終日を迎えることができたのでした。

サロンは居心地がよく、テキスト学習の時間もワークタイムも本当にあっという間で、帰るのが毎回名残惜しくもありました。カレッジで学ぶことは色々ありますが、全体を通して感じるのはテクニック云々ではなく、ライトワーカーとして日常・生活そのものが学びであり、そこで自分自身が日々高い意識レベルにあり続けられるよう整えてゆく在り方を、Amariさんの姿から学んだ気がします。

カレッジの基礎トレワークを日課にするようになって、ふとアスリートのようだなと思ったことがあります。アスリートの、長いスパンで物事を見据えながら、いつか最高の力を発揮するために、志高く毎日コツコツと己を磨いている姿を眩しく、また羨ましく思っていました。アスリートのように目標とする大会があるわけではありませんが、何気ない毎日が輝くような、そんな心持ちになりました。

同じ世界に惹かれ、アルガンザに集うクラスの皆さんと、そっと導いて下さるAmariさんと過ごした時間が本当にいとおしく、このような機会を持てたことに感謝しています。

カレッジ生の皆様、Amariさん、ありがとうございました。
卒業式が楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒーラーズカレッジで学んでいる間、サロンの天使? Amariさんの後ろの天使団?に守られている感じがすっごくしました!半年間ありがとうございました。そして私の天使、Arganzaに導いてくれてありがとう!!!

小さな頃から今まで、スピリチュアルの本が好きで読んではいましたが、既にヒーラーとして活動している受講生の方もいらっしゃる中、初心者の私がえいっと受講に踏み切ったのは自分の魂の歴史をどうしても知りたくて、だったと思います。結果、魂って私一人の単純な素材で出来ているんじゃないんだなとわかりました。魂って、「私の手におえるかな・・・(-_-;)」って思うほど複合的で色々な来歴がある存在なんですね。

カレッジで学んで私が得たことは、世界観がエネルギーの世界へ広がったこと、微細なエネルギーが感じられるようになったこと(まだまだですが)で3次元の現実への認識が一気に豊かになりました。そして、今、卒業課題に取り組みつつ、一歩一歩で良いから、自分の魂の全てを知って統合していきたいという思いを新たにしています。

一人だと探求心に波があって、つい日常に埋もれてしまうところ、Amariさんの志の高さ、サロンの波動の高さやカレッジのメンバーの存在にひっぱられて貴重な半年を過ごすことができたと思います。
カレッジが終わっても、ここがスタートという気持ちで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Amariさん、半年間本当にお世話になりました!瞬く速さで駆け抜けた、Amariさんと大好きなクラスメイトと共に過ごした時間はまるで子供がフルパワーで駆け抜けたの夏休みような、心に残る特別なひと時になりました。

毎回のカレッジも日々の宿題も全力で取り組み、浮上する感情やエネルギーと共に変化する現実も味わい尽くして本当に思い残すことは何もない。というくらい濃密な時を大切な仲間と目一杯過ごすことができました。今振り返ってもAmariさんへの深い感謝、そして仲間達への愛おしさがじんわりと湧いてくる...とても幸せです?

思えば、去年の秋頃に「レムリア」という言葉が突然目の前に現れたことがキッカケとなりそのレムリアの風はあっという間に私をArganzaへと導き、気づけばカレッジへと申し込んでいました(笑)後日どんどんカレッジの情報が入ってくるにつれて、その内容に震え、私に出来るのか?本当に大丈夫か?など戸惑ったこともよく覚えています^^

カレッジではとても大切な基礎、日々のセルフメンテナンスから徹底的にワークと体験の中で学んでいき、日々メタフィジマッスルを鍛え、軸の大切さ、そこから拡がるエナジーの世界 -- これから先...ヒーラーとして立っているであろう未来へとても重要なことを学させていただきました。

座学では神智学、さらにインド哲学と、内容は本当にとっても難しいのですが、それでもまったく少しも挫けることなく、今日はどんな話が聞けるのか、どんな体験が待っているのかと、胸を弾ませながら毎回カレッジへ向かっていました♪ また、カレッジと共に動くエナジーは凄まじく、現実の世界でもこの半年の間に色々な事が起こり、その様々なこととも向き合ってきました。

そういった経験の中で少しずつ身についていくメタフィジカルな筋力、それを支える日々のメンテナンスと強固な軸。この大切さを学べたことは、これからの私の人生、そしてヒーラー人生においての宝物です。これからも、カレッジで学んだことを現実に落としながら、微力でも必要な方へ循環できればと思っています。

Amariさん、クラスメイト達、そして3期皆のエナジーに支えられ、私はここまで頑張れました。今は皆さんへの溢れる感謝と、心からの敬意と、大好きな気持ちでいっぱいです。私にとってのカレッジは、こうした気持ちも含めて、まさにレムリアそのものでした。本当にありがとうございました、そしてこれからもよろしくお願いいたします^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人からArganzaのことを知り、ブログを読むようになりましたが、アースワークや日々の気づきなどが流麗に紡ぎ出されていて、その世界観に惹き込まれていったのでした。カレッジの募集を見たときは、受講資格のレイキが間に合わないので無理だと思いました。ところがカレッジ開始が月末ということが判明し、これなら間に合うと、宿題や課題のことは考えずに、とにかく申し込んでしまいました。

少人数制のためAmariさんには一人ひとりに気を配って頂きました。講義だけではなく、皆でシェアしあいながら進んでいくことが成長に繋がったのだと思います。個人的には「光と闇の統合」をテーマにしていましたが、皆さんとシンクロすることも多かったです。元々スピリチュアルな世界は社会では受け入れてもらえないという想いが強かったのですが、日常生活でメタフィジ筋を使うことで、次第に自分の中でもリンクしていくようになりました。

上級に入ってからは炙り出しの辛い期間があり、自分自身を深く見つめる機会となりました。
そのような時も常に高い意識と波動を保つAmariさんが私の指針となってくれたのでした。
タイミングよく聖地への旅が続いたことも高次の導きを感じずにはいられません。

カレッジでは神智学からインド哲学まで触れることができ、本当に世界が広がりました。
卒業後も更に学びを深めていきたいと思います。

Amariさん皆さんどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この半年間あまりは、私にとっても、とても濃い日々で、
おかげさまで、自分というひとつの世界をより知ることができました。
これは、カレッジという大きな流れも、外に感じながらではないと、
とても、ひとりではここまで進めなかったかな…と思います。

自分のセンターをしっかりと保つという事の大切さを
カレッジに日々通い、メンバーに刺激を貰いながら、
私なりにですが、身につけることができました。

この半年という間にあった変化は、私のつたない言葉では
とてもあらわせませんが、より自分自身を深く知ることに専念した、
この期間を経たおかげで、今の私へとつながる道が見えてきたと
感じています。

また、皆さんの感想も、ブログで拝見させていただきましたが、
具体的な事は違うけれど、それぞれの日常の中で
同じテーマをを歩んできたのかな…と思い、カレッジで
お会いできた皆さんと出会えた事も、とても愛しく感じました。

このたびは、沢山の大人の課題と、学びの時間をいただき、
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思えばAmariさんとの関わりは、前身のショップ「イナンナ」の時からになります。クォリティーの高いヒーリンググッズを買い求めたり、ロザリオや新着の石がUPされる度にワクワクしたり、後に並行してヒーリングサロンロザリアがOPENされた時は、当時はサロンが遠方で通えなかったので遠隔で受けられるセッションを幾つか受けたり、、、Amariさんには当時から本当にお世話になっていました^^

元々石が大好きだったこともあり、他所でレイキの伝授やエネルギーワークを受けたり自分なりのスピ生活のようなものは送っていましたが、ただ色々なセッションを受けてはいるもののどこか中途半端で、自分の中で活かしきれていないという思いは強く感じていました。軸がしっかりしていないので直ぐ揺らいでしまい、いつも聖俗を行ったり来たり(笑)。カレッジのことはAmariさんのブログ等で読んで知りましたが、当初は何となく憧れつつも自分とは縁の無い世界、遠い存在としてしか捉えられなかったのを覚えています。

そんな私でしたが2014年7月に、念願叶って初めてAmariさんとの対面でのセッション(レコンセクレーション)が実現したのをきっかけに明らかに意識が変わったというか、カレッジで学ぶという事を意識する(出来る)ようになって。ただ当時募集されていた2期生として申し込むには時期尚早な気がし、3期生募集の際には満を持して申し込む・・つもりが、いざその時になってみると、本当に自分が最後までついて行けるか不安になってしまい^^;

迷いに迷って・・・最後に背中をひと押ししてくれたAmariさんには感謝しています♪
もともと探求型の私でしたので、カレッジでの学びは難しいながらも本当に楽しいものでした。集団の中に身を置くのが苦手、人前で話すことも苦手な私がちゃんとシェアリングできるだろうか不安もありましたが、同期の皆さんも素敵な方々ばかりで。半年間本当に素晴らしい時間を共有させて頂きました。

覚悟はしていましたが、座学で学んだ神智学〜インド哲学〜ソウルシステムについてはとてもとても難解で、今をもって理解するには到底至っていないのですが、現在も改めてテキストを読む度に新しい気づきが有ったり突然腑に落ちる事も有ったりと、まだまだ消化の為に学ぶことは多くて復習のしがいがあります。そしてワークタイムで習った呼吸法、ライトボディチェック。今まで何となく使っていたレイキも、ワークに取り入れることで絶大な効果と助けになってくれることも実感できて目から鱗でした〜。ここで自分を調えるセルフメンテナンスの術を会得することが出来たのは本当に貴重でした。正直今でも揺らぎます(笑)。が、軸を意識出来るようになったことで、いつでも「戻ってこれる」自信がついたと思います。

そして最後のリーディングテストで、私にはリーディングなんて絶対出来ないだろう思っていたのが それらしく出来てしまったのには自分でもビックリ(勿論まだまだまだ未熟ではありますが)。カレッジには楽しく通っておりましたが、半年の間には当然色々な葛藤や悩みもあって・・・。果たして自分はちゃんと成長出来ているのだろうかと不安に思っていた部分もあっただけに正に半年間の成果を実感出来た瞬間でもあり、感慨深かったです。

あっという間の半年間。カレッジは修了しましたが、この貴重な体験を今後どう活かすかは自分次第。そういう意味ではこれからが真のスタートだと思いますので、Amariさん、これからもどうぞ宜しくおねがい致します^^

最後になりましたが、フラフラしがちな私を導いて下さったAmariさん、3期カレッジ生の皆さん、
サロンで常に見守ってくれていた高次の存在に心からの感謝を。
有難うございました?

 

こちらこそ、みなさん本当にありがとうございました。私もカレッジを通じて、皆さんとの交流を通じて学ぶこと、新たな気づき、楽しいひと時がたくさんありました。感謝しています。

 

 

最新・4期(2016年)卒業式のブログ記事はこちら

同じく4期 卒業生のコメントはこちら

.


(C)Arganza JP All rights reserved.